ガラス修理を行なう際は特殊ガラスと交換しましょう

割れたガラスは早急にガラス修理を依頼しよう

自宅の窓ガラスが割れていることに気がついた場合は、放置せずにすぐにガラス修理を行なう必要があります。ガラス修理を行なう理由にはこのようなことがあるのです。

ガラス修理の必要性

ガラスが割れたままにすると、ガラスの破片で怪我をする危険性があります。小さい子供がいる家庭だと、子供が破片に触れてしまい、大怪我をしてしまい安全面に問題があるのです。また、割れたガラスを放置すると空き巣が侵入してしまい防犯することができなくなります。

ガラス修理はプロに依頼する

窓ガラスが割れた場合は、すぐにガラス修理を行なう必要性がありますが修理業者に依頼したほうがいいです。個人で修理する人もいますが、修理業者ならば迅速に作業を行なってくれます。破片が残ることもなくキレイに掃除も行なうのです。ただ修理するのではなく、割れた原因を元に今後割れないようなガラスと交換してもらえます。交換以外には割れないようにする強化など対策法の相談にも乗ってもらうことができます。そうすることで、今後同じようなことで割れることを防ぐことが可能になります。

ガラス修理を機に特殊ガラスを使用する

ガラスは、使用されている材質や大きさも違いにより様々な種類があります。中には特殊ガラスと呼ばれるものがあり、ガラスと交換することで家の機能性を高めることに繋がります。気になる特殊ガラスについて、その一例をここで紹介します。

防犯ガラス
防犯ガラスはその名前の通り、防犯に適しているガラスのことです。このガラスには頑丈なポリカーボネード板を、2枚の板ガラスで挟み込んでいるので簡単に割ることはできません。窓から侵入する際は、ドライバーやバールなどの道具を使用することが多いです。ドライバーを使うことで音を立てずに侵入でき、バールを用いて簡単に部屋の中へと入り込めます。防犯ガラスならばドライバーやバールで割ることができず、被害を未然に防ぐことが可能です。
防音ガラス
通常ガラスには遮音効果はないですが、防音ガラスならば外の音が聞こえてくることはありません。このガラスも防犯ガラスと同じように3枚のガラスでできていて、防音特殊中間膜というガラスを板ガラスで挟み込んでいます。自動車が走る音や工事現場の音を防ぐため、騒音対策には最適なガラスです。外からの音だけでなく、室内の音が外に聞こえないようにすることもできます。ペットを飼っている人や、楽器の演奏をする人は周りを気にする心配はありません。
防災ガラス
防災ガラスは自然災害が起きた時のためのガラスです。防災ガラスも3枚のガラスでできていて台風や地震が発生した際に、衝撃で窓ガラスが割れても大丈夫な構造になっています。また、中間膜があることで、災害時にガラスが飛散したり脱落したりすることを防ぐことが可能です。割れたガラスで怪我をすることもないので、学校や病院などの公共施設での導入が検討されています。防災ガラスには、防犯や防音の機能を付け加えることもできるのです。

TOPボタン